水没させる前に防水加工で備えよう!

外部から防水加工するタイプ

洋服などが濡れるのを防止したいとき、防水スプレーを使うとある程度は防止できます。本来なら水が当たれば布にしみこんでいきますが、スプレーをかけたところは水滴が浮いて転がっていきます。これで濡れるのを防げます。あくまでも布の防水スプレーなので、金属などには使えません。ただ、金属などに使えるスプレーもあるようです。 iPhoneはスマホの中でも防水がないので、ちょっとした水に濡らさないようにするのにも気を使いますし、水没などをすれば完全に使えなくなります。そこで業者に持ち込んで防水加工をしてもらいます。その業者では、外部から専用のスプレーで薄い皮膜を張り、それによって水の侵入を防ぎます。簡単なようですが、時間がかかるときもあります。

内部の基盤を防水加工する

スマートフォンは一応電話です。でも電話としての利用よりもそれ以外の機能を使う人が多くなっているでしょう。インターネットの閲覧ができたりカメラでの写真撮影ができたり、小型のパソコンと言ってもいいくらい高機能です。これらには細かい基盤が中に入っていて、それらが水に触れればショートを起こします。それで一切使えなくなります。iPhoneが水没すれば中の基盤がやられてデータを失う可能性もあります。それを防ぐために防水加工をしてもらいましょう。ケースを開け、内部の基盤に防水加工を施します。水が付くと問題になる部分に水が触れないようになるので、水没をしてもショートしなくなります。内部の加工なので、外から見てもほとんど加工の形跡はわかりません。

iphoneの充電ができない場合、バッテリーに不具合があるケースと既にバッテリーの寿命が来ている場合があります。修理あるいは交換が選択肢となるので、修理店などに持ち込んで診断してもらいましょう。

© Copyright Replacement Phone. All Rights Reserved.